幼児向けの音楽系の習い事の種類や目的そして選び方

具体的な内容と魅力

レッスンスタイル

幼児向けの音楽系の習い事は、レッスンスタイルが教室の運営方針や母体により違うのが特徴です。
マンツーマンの場合と数名のグループで行う場合に分かれます。
子供の性格やどのような目的で通うのか、その理由により選び方が異なるのです。

大手の楽器メーカーが運営している教室は、グループでレッスンを受ける場合がありあます。
個人で教室をしている講師はマンツーマンのレッスンをしている事が多いです。

本格的な音楽系の習い事は個人レッスンの教室で、比較的に音楽に親しむための教室はグループレッスンをしています。
楽器の種類によりますが、ある程度の年齢になると個人レッスンを受ける方が増えるのと、体験レッスンでどちらが良いか判断するのが大事です。

カリキュラムと講師の質

カリキュラムと教える講師の質や子供との相性が、幼児向けの音楽系の習い事で大切です。
教室の説明時に、カリキュラムがどのようになっているか確認します。
三歳未満が対象の場合は、月ごとのカリキュラムが細かく決められていると安心です。

体験教室で子供と講師の相性が良いかどうか様子を見ます。
子供の接し方が慣れている講師がいたり、保育士や幼稚園教諭の資格があるスタッフがいると安心です。

託児タイプと保護者同伴があるので注意をします。
レッスンの間預けるのが託児タイプで、レッスンの最中見学するスタイルが保護者同伴です。
保護者の利便性や子供の性格でどちらが適しているか異なります。
講師の様子を確認してどちらのスタイルが良いか決めるのが大事です。